フランチャイズお役立ち情報をまとめたlewis-clarksar

飲食店経営のリスクを下げる方法

フランチャイズ経営の中でも飲食店のフランチャイズは非常に多くあります。
飲食店でフランチャイズに参加するには、当然調理師の資格をもっていないといけません。
調理師免許を持っている従業員を雇うという手もありますが、それであれば、形成者がやりたいようにはできない面が出てきます。
料理を作る人の味や接客によりお客と直接料理で接するわけなので、その大事な部分をしないで経営だけを行っていても、意味が無いと思います。
運営に直接携わることで直接いくと接して、お客の声を聞くことが経営をよくしていく手段なので、リスクを減らすには、料理もできないといけません。
それだけではありません。
通常飲食店を自分で一から始めるとなると、店を出すための不動産を見つけなければいけません。
さらに調理用の設備や、接客用のテーブルなどを入れなければいけません。
それらをすべて自分だけで手に入れるには間違いなく1000万円以上します。
店が繁盛するかどうかがわからない状態で、1000万円以上の資金を出しても失敗した場合は、1000万円はぱあーになります。
そこまでのお金をかけてから、失敗をするリスクも考えているとどうなのでしょうか。
そこで、リスク軽減ができる方法として、飲食店のフランチャイズがリスクを軽減させることができます。
グランチャイズの場合は、少ない資金で開業できて、本部のノウハウを手に入れることができます。
資金が少なくて済むというリスク軽減がまずできます。
さらに、本部と展開している店のノウハウをそのまま手にすることが出来ます。
これだけでもリスクが軽減されるのですが、あとは仕入れのリスクも軽減されます。
しいれは本部手動で、必要な分を必要な時期に仕入れることができるので、あとは店の運営だけに気持ちを持っていればいいということになります。
これだけのサポートがありブランド力がある店を運営していくことができますので、失敗するリスクは相当減るのではない出しょうか。

最新記事